• ベビーシッターを引き受けた場合のリフォームの仕方

    ベビーシッターは、待機児童の問題もあり、近年需要が増えています。

    ベビーシッターになるのに特別な資格は必要がありませんが、保育や幼児教育の勉強をしてきていない場合は、仕事をする上で不安に感じることも出てきます。
    民間のベビーシッター協会が行っている認定ベビーシッター資格を得ておくと、仕事に就くときに不安になりません。



    自宅にて子供を受け入れる場合は、リフォームを考えると良いでしょう。


    子供の月齢にもよりますが、乳児であれば誤飲や転落、幼児であれば転落、飛び出しを起こす可能性もあります。子供の事故は家庭内で起きていることが多いので、生活スペースと子供を受け入れるスペースとにしっかりとリフォームをするようにします。リフォームをする場合は、小さなものや危険なものは子供の目につかない場所に置くために棚を作ると良いです。



    棚には扉を付けておくとなお良いでしょう。
    ボックスに入れただけでは落ちてきたり、興味を持った子供が触る危険性があります。
    床に関しては、フローリングにし、寒い時やお昼寝をする時にマットをひく程度にしておきます。

    これは子供と一緒におやつを食べた場合こぼすことが多い、ということと、絨毯では掃除をしていてもダニなどが増殖してしまうからです。

    日本経済新聞

    アレルギーの要因となるものはできるだけ取り除いた方が良いので、気を配るようにします。


    子供は思いがけないことをします。
    大人の予想と反して行動するので、リフォームをする場合は子供の目線に立って行うようにします。